2017年8月22日火曜日

中川一政記念美術館

前回の続きで、「松任ふるさと館」の隣にある「中川一政記念美術館」に入った。中川一政の両親は石川県人で、父の実家は金沢の刀鍛冶の家で、また母は松任の出身である。一政にとっては「母のお里」である当地に昭和61年に「中川一政記念美術館」ができた。



















中川一政は明治時代に生まれ、大正時代に独学で画の道を歩み始め、戦後、神奈川県の真鶴にアトリエを構え、20年に及ぶ(福浦の時代)と呼ばれる苦闘の時期を乗り越えて、還暦を迎えてから独自の画風を確立したという大器晩成の人で有名である。
下図は在りし日の中川一政の写真である。1975(昭和50)年に文化勲章を受章しているが、このとき82歳である。
























常に自己革新を目指して挑み続ける一政が70歳半ばで選んだ箱根・駒ヶ岳は、その対象を見つめ、そこから受ける感動をその場で表現するという現場主義が生涯貫かれ、90歳超えても渾身の作品を生み出し続けた。下の出口の左側の絵が箱根・駒ヶ岳

中川一政といえば、向日葵や薔薇の油絵が一番の特徴であり、多くの向日葵など絵が展示されていた。



















「画の向日葵」と言へば、あのヨーロッパの巨匠ゴッホが有名であるが、ゴッホの向日葵に対しての自分の思いも綴っている。



















一政は油彩を中心に、岩彩や水墨、書、陶芸また挿絵、装丁そして短歌、詩、随筆などの文芸に幅広く芸術活動をしたという。下の書も80歳を過ぎてから描かれたものだという。90歳を超えてからの力強い作品も多く展示されていた。
























この建物の別館から見える日本庭園も素晴らしい。




















「中川一政記念美術館」を出て、松任駅の目の前に「D51の蒸気機関車」が飾られていた。D51はかって国鉄の花型蒸気機関車としてもっぱら北陸本線の貨物輸送に貢献してきた。国鉄の無煙化、電車化によってその使命を終え、ここに昔の雄姿をとどめている。この機関車の全走行距離は1,566,000kmで、地球を39周したことになるという。
昭和59年より駅前緑地広場に移転展示されている。















2017年8月18日金曜日

松任ふるさと館

前回の「千代女の里俳句館」の続きで、その建物の裏に回ると、「松任ふるさと館」と「中川一政記念美術館」があった。
表門は、銅板葺きの平唐門で柱の面取りなどに宮大工の作り方がみられるなど質の高いものだという。



















玄関に立派な春日灯篭がある。この建物の中は無料である。



















「松任ふるさと館」は、明治・大正・昭和にわたり、金融、米殻、倉庫業などの分野で活躍した吉田茂平氏の私邸で、元々は白山市安吉町にあったものを、大正元年に交通の要衝である現在の地に移築され、昭和57年に旧松任市がこの邸地を譲り受け開館したという。
























中に入ると、広々とした各部屋があり、立派な欄間そして朱塗り壁の格式高い書院造りの間や数寄屋風の化粧軒天井など、材料にお金をかけた「普請道楽」ともいえる、大規模で質の高い作りとなっている。
















また、この和室のすぐ近くに、板の間のフロアにテーブル、ソファーや暖房装置を備えたレトロな雰囲気の洋室があり、いかに贅を尽くしたかがわかる。



















和室の横には囲炉裏があり、上に「自在鉤」が掛かっている。ここに掛かっている紐を調節することにより火と鉄瓶の距離を調節する。そしてその下に鯉の木彫りがあるが魚は火の守り神として付いている。その下に鍋や釜、鉄瓶を掛けるものである。
























「紫雲園」は、前庭・側庭・主庭からなる築山池泉回遊式の庭園で、金沢の庭師などが大正元年から12年間かけて作られたという。「紫雲園」の名前の由来は、豊臣秀吉が好んだとされる全国的にも珍しいとされる紫雲石があることに因んでいるという。
池を中心にいろいろな形の灯篭や巨石が置かれている。池の向こうに小さく見えるのは四脚型雪見灯篭である。



















シラカシ、松、ヒマラヤスギなどの高木も茂っている。




















主屋の座敷から縁側を通して見える庭園は四季の移ろいを感ずることができるであろう。



















周りに巨石がある池には多くの黄色い鯉がいた。何も持っていなかったが、手をたたくと競うように寄ってきが、鯉に悪いことをした。



















この建物は、オエと呼ばれる田の字型の加賀地方独特の農家住宅な発達した平面形式だという立派なものだった。ケヤキによる太い柱、指し鴨居、帯戸、貫と白漆喰、上部の縦横の5本の太い梁の構成に、当時の大規模な農家住宅の特徴がみられるという。



















ここは、松任駅前にある便利な場所だが、人がほとんど見かけない。金沢の観光地は人がいっぱいで大にぎわいだが、金沢駅からJRで10~15分、バスでも20~30分で来れるところで、これだけ立派な庭園と建物がある。もっとPRすれば大勢の人が見学に来るのではと思った。

2017年8月14日月曜日

松任運動公園・あさがお展 千代女俳句館

今回は、白山市の松任総合運動公園で「あさがお展」そして松任駅前にある「千代女の里俳句館」を見に行った。
松任総合運動公園は、30年以上前から陸上競技場、プールなどスポーツのいろいろな施設がある公園となっている。



















ここで思い出すのは20数年前に私が勤めていた会社に、お客さんとして大学時代に同じクラブで活動していた者が来たので、久しぶりに会い、金沢市内のテニスコートの予約が取れなれなかったので、ここで社内の他の人も交じって接待テニスをしたことである。



















この公園の一角にある建物で「あさがお展」をやっていた。加賀の千代女が朝顔の句をよく書いていたので、白山市のシンボルの花となっている。



















小さなドームの中に多くの朝顔が展示されていた。



















内の孫も夏休みに入る前に学校で毎日観察していることを言っていた。私もずいぶん昔の小学生のころに朝顔をよく観察した記憶がある。
























ピンクや紫色など大きく開いた朝顔が並べられていた。



















続いて、松任駅前にある「朝顔やつるべとられてもらい水」で知られる江戸時代の女流俳人の「千代女の里」俳句館に行った。ここは、俳句を通した交流・体験活動のための拠点施設として設置されたという。



















千代女は17歳の時に松尾芭蕉のでしの美濃の「各務支考」(かがみしこう)にその才能を認められ、家族が不幸が続く中でも、俳諧の強い思いを持ち続き、非凡な才能をのばしていったという。
















千代女の俳句は、分かりやすい言葉で心の残る句が多く、女性らしい細やかな観察眼をもっていて、植物をはじめ、自然を季語に使うことが多いことが特徴である。
























52歳で尼となった後の10年余りは、間覚ましい活躍を見せ、1763(宝暦13)年に朝鮮通信使の贈り物として21句の俳句をしたためた掛物と扇子を加賀藩に献上し、海外に俳句が紹介された最も早い事例のひとつとなっているという。下図は、朝鮮通信使の行列を挿絵画家が史料をもとに、当時の様子を描いたものだ。
















千代女の居宅の一部の「草風庵」は二畳敷きの茶室の草案で、ここの壁に「朝顔や・・」の俳句のイメージが動画として移されていた。



















建物の裏の庭に「千代女朝鮮通信使献上句碑」が建っていた。


2017年8月10日木曜日

メイプルハウス

前回の「中川衛の工房」を見た後、内のものと落ち合って、近くの東力町にある「メイプルハウス本店」に入った。ここは女性客が多く私だけではとても入りづらい。



















入り口には、メイプルで作ったいろいろな美味しそうなものが並べられたいた。



















店名は、非常に明るく植物などがきれいに飾られていた。



















ランチでセットメニューを頼むと、野菜サラダや飲み物がセルフで食べ放題、飲み放題なので、好きなものを好きなだけ持ってくればよい。

































私は昔懐かしい「オムライス」、内のものは金沢名物「ハントンライス」を頼んだ。「ハントンライス」には、肉と魚両方のフライが入っていた。

































デザートもセルフで好きなだけ持ってくればよい。まあまあリーズナブルなので、平日なのにお客さんも多く入っていた。



















この店の目玉なのか、テーブルの上に「まるごといちじくロールパフェ」のメニューがいやに目に入った。どんな味がするのか一度食べてみたいものだ。

2017年8月6日日曜日

彫金 中川衛の工房

今回は「かなざわまち博2017」で、4回目の応募でようやく抽選にあたり、「彫金 中川衛の工房」をみることができた。金沢市入江町にある中川先生の自宅兼工房を訪ねた。中川衛さんは現在の県内の彫金の第一人者で、母校の金沢美術工芸大学も務め、2004年に人間国宝にもなっている。



















抽選にあたった9人とともに早速工房に入った。まず、先生から「象嵌」について基礎的なことを教えていただいた。



















象嵌は下地の金属に「アリ溝」を掘って、その溝に別の金属を埋め込む「平象嵌」のほかに、その埋め込んだ金属にさらに「アリ溝」を掘る「重ね象嵌」が加賀象嵌の特徴である。この「重ね象嵌」がいろいろな文様を作り、素晴らしい作品ができる。
この「アリ溝」づくりは失敗したら別の金属を埋め込み、もう一度やり直しとなり、すごい手間となると言っていた。



















この堀る作業や埋め込み金属を成形する作業は「たがね」という工具で行うが、この「たがね」は現在何百種類と持っているが、すべて先生の手作りであるという。どいうものを作りたいかによって最適な「たがね」を選んで使うのであろう。



















この「たがね」は先端がいろいろな形状をしているが、先端3~4mmだけに焼きが入っていて硬くなっている。この焼き入れもピンセットのようなものでつかんで、焼きそして冷却しているが、この作業も先生がやっている。昔は、温度計も現在のようなものがなかったので、材料の茶色や紫色など色を見て感覚でやっていたという。



















金属の材料も、金や銀、銅、錫などの量によっていろいろな色になるが、色彩の異なる金や銀、四分一(銅3、銀1の合金)などの金属をはめ込んで文様を出す技法である。銅を60%、40%、20%など入れ替えると青っぽくなり、金を入れるると白っぽくなるという。



















銅の壺を緑青(銅のさび)で煮るとグレーの重厚な色になる。その後、「朴木」の炭や桐の木で作った炭で磨くときれいになるというふうに磨くものは植物であるという。そして最後に、面白いことに「大根おろし」で拭くという。これはきれいに油を取ってくれるらしい。



















細かい彫る作業の部屋の隣の部屋は「たがね」の焼き入れや、鋳型などから全体の形状を作るなどの作業場であろうか?



















表面に何を表すかの題材は「犀川の堰」や「木々の表情」など、あちこちを歩いて見つけた風景などをデザインするという。
この工房には、現在、展示会などに出払っており見ることができなかったが、中川衛さんの作品はグレーっぽい色に金やいろいろな色の金属をはめ込んだ独特の色合いで、重厚な高級感があり、部屋に飾っておいたら素晴らしいと思う。






「ふるさと美術館」より